駐車場経営で失敗する人の特徴と成功するためのコツ

駐車場経営で失敗する人の特徴と成功するためのコツ

駐車場経営を検討している人向けに、失敗した人の特徴と成功するためのコツを解説します。実は失敗した人の多くが、間違った業者選びをしています。

土地活用の中でも比較的簡単に始められるので、業者選びをあまりしっかりやらない人が多く、中には悪徳業者に騙された人もいます。

この記事では経営に失敗してしまった人の実例を参考にしながら、成功するためのコツを解説していきます。

駐車場経営のポイント

失敗しないための第一条件は、これまでの前例から失敗ポイントを学んでおくことです。

失敗例が多いということは駐車場経営で最も陥りやすい間違いであることを示します。よって、それを確実に押さえておきさえすれば、失敗する可能性を大きく軽減することができます。

そして今回紹介するその失敗ポイントは下記の3点です。

  • 悪質業者に騙されないように注意
  • 準備不足に注意
  • 税金が高くなることも

それではこれら各失敗ポイントを詳しく解説していきましょう。

悪質業者に騙されないように注意

駐車場経営すべてを自分で行う人もいますが、コインパーキングともなると24時間の対応が必要となってくるため、パートナーが必要となってきます。そこで重要となってくるのが業者選びです。

満足な収益を上げて安定した収入を得るためには、複数の業者のプランを比較することが重要です。

成功するためには、安心して管理を任せられる業者選びがポイントになります。そこで把握しておいてもらいたいのが、下記の悪徳業者事例です。

  • 一方的に配当が下げられた
  • 契約内容が勝手に変更された
  • 賃料が未払

契約時には極端に安い金額を提示したり、簡単に値下げに応じるなど、安定した利回りや初期費用無料など経営者にとって都合のいい条件で契約に持ち込みます。しかし、契約後は平気で上記のような対応をとってきます。

こういった被害に遭わないためにも、業者選びの際には下記3ポイントは最低でも慎重に確認して下さい。

  • 契約期間がどうなっているのか
  • 高いサポート対応力があるか
  • 実績があり高い信頼度があるか

これら3点が全て揃った業者ならまず一安心です。業者選びを間違ってしまうと、高い収益性が見込める駐車場でも経営が上手くいかなかったり、管理対応が悪いためクレームが知らぬ間に経営者にきてしまう可能性があるので注意してください。

もし業者選びで不安な人は複数の業者のプランが比較できる便利なサイトを利用してみてください。

タウンライフでは駐車場経営を検討している人向けに、無料で複数の業者のプランを比較することができます。サイトに登録できるのは実績のある業者のみで、悪徳業者の心配がありません。

最短1分で完了するので業者選びに自信がない人は、ぜひチェックしてみてください。

タウンライフの駐車場特集はこちら

準備不足に注意

駐車場は放っておいても借り手に困らない、誰かが利用してくれると思っている人はいませんか?

確かに好条件の場所に駐車場を造れば借り手には困らないかもしれません。しかし、それはしっかりとした周辺状況をリサーチし、駐車場に向いている土地条件であるかを確認した上でのことです。

よって、まず駐車場経営を始める際はしっかり準備期間を設けて、事前準備をする必要があります。そしてその事前準備で必ず調査して欲しいのが下記の3点。これら全ての条件をクリアできたなら間違いなく順調な駐車場経営が営めることでしょう。

経営効率のいい立地条件か?

駐車場は利用してくれる人がいなければなんの儲けにもなりません。誰も訪れず、住む人もいない山中に駐車場を造っても駐車場を利用する人はいませんから、経営が成り立つはずがないからです。

よって、駐車場経営で儲かるかどうかは、その駐車場を利用する人がどれくらいいるのかを調査する必要があります。

経営効率の良い立地条件は下記のとおりです。

  • 近くに駐車場のないマンションやアパートがある
  • 近くの路上に多くの車が駐車されている
  • 近くに人が集まる商業施設がある
  • 近くにオフィスビルがある
  • 近くに駐車場を持たない住宅がある
  • 近隣の駐車場数が少ない

また下記のような立地条件だと逆に経営効率の悪い立地条件となってしまいます。

  • 近くに駐車場のないマンションやアパートがない
  • 近くに人が集まる商業施設がない
  • 近くにオフィスビルがない
  • 近くに駐車場を持たない住宅がない
  • 人の流れが少ない
  • 近隣に多くの駐車場がある

とにかくこの立地条件がどうであるかによって駐車場経営の結果は大きく変わってきますし、月極め駐車場にした方がいいのか、コインパーキングにした方がいいのかも違ってきます。

商業施設やオフィスビルがあるなら高い稼働率が見込めるので、月極め駐車場よりもコインパーキングの方が収益が期待できます。また住宅やマンション、アパートといった住宅地帯であるならば稼働率は見込めませんが、長期的契約が見込めるので月極め駐車場の方が向いています。

すべての条件で高評価となる必要はありませんが、駐車場を造っても利用者が見込める立地条件であるかどうかをまず見極めるようにしましょう。

駐車しやすいレイアウトになっているか?

駐車場で一番嫌がられるのは駐車に苦労しそうなレイアウトです。特に女性ドライバーは止めにくい駐車場は間違いなく敬遠します。

中には駐車効率を上げるためにパーキングロットを詰め込み、駐車場内の駐車幅を狭くしたレイアウトの駐車場が見られますが、これでは立地条件が良くても他の駐車場に逃げられてしまいます。これは月極め駐車場であろうとコインパーキングであろうと利用者の考えは同じです。

理想的レイアウトは運転初心者でも安心して駐車できる十分なスペースを確保することです。そこで重要となってくるのが下記の2点。

  • 共通利用の車路幅は最低でも5m以上にする
  • 駐車幅に余裕のあるパーキングロットにする

これら2点は止めやすい駐車場だと印象づけるのに重要なポイントとなってきます。利用者を増やすにはこの2点が最低条件だと考えて下さい。

駐車場入口が広い

中のレイアウトが理想的であっても、駐車場の入口幅が狭いところは入りづらい印象を抱かせるため利用者から敬遠されます。

特に交通量の多い道路に面している場合には、駐車場の入口幅は重要視されます。理想的なのは共通利用の車道幅5m以上と同じ広さです。土地の大きさや立地によっては無理な場合もありますが、駐車場入口は入りにくいという印象を持たせない幅を確保するようにしましょう。

税金が高くなることも

駐車場経営を始める際にまず覚えておいて欲しいのが、駐車場には住宅地だと受けられる税金の減税措置が受けられない点です。

土地に対してかかる税金は下記の2つが挙げられます。

  • 固定資産税
  • 都市計画税

これら税金は土地に対する課税標準額に各々の税率をかけて求められ、大阪市だと固定資産税の税率は1.4%、都市計画税の税率が0.3%となっているので、下記の計算式で求めることができます。

  • 固定資産税 課税標準額×税率1.4%
  • 都市計画税 課税標準額×税率0.3%

しかし、住宅用地であれば下記のように課税標準額の特例措置が受けられるため、納める税金負担を軽減することができます。

  • 小規模住宅 固定資産評価額×1/6(固定資産税)、固定資産評価額×1/3(都市計画税)
  • 一般住宅用地 固定資産評価額×1/3(固定資産税)、固定資産評価額×2/3(都市計画税)

駐車場の場合には非住宅用地となるため、この税金の軽減措置が受けられません。土地の大きさによっては、この軽減措置のあるなしで納税額も大きく変わってきます。事業計画を立てる際にはこれら税引き後の収支計算を必ず行うようにしましょう。

まとめ

駐車場なら誰かが止めてくれるから、放っておいても儲けは出るだろうと安易に考える人は少なくありません。

しかし、駐車場経営はそんなに甘くないのが実情です。失敗しないためには慎重な業者選びが必要となってきます。

土地活用の中でも比較的リスクの少ない駐車場経営ですが、間違った業者と契約すると数百万単位で損します。

とにかく失敗を避けたい人は、複数の業者の中から自分の信頼できるパートナーを見つけるようにしてください。

複数の業者のプランを比較したい人はこちら

ページトップ