コインランドリー経営の始め方と開業までの流れ

コインランドリー経営の始め方と開業までの流れ

狭小地の土地活用法として、近年コインランドリーが注目を集めています。コインランドリーの利用者は現在一般の主婦にも及んでおり、需要の拡大に伴って安定的な経営ができると人気です。

今回は、狭小地や変形地でも経営できる、土地活用初心者におすすめのコインランドリー経営の始め方と、開業までの流れを紹介します。

【目次】コインランドリー経営の始め方と開業までの流れ
  1. コインランドリー経営を始める際の流れ
    1. 現地調査
    2. 事業計画を立てる
    3. 契約を結ぶ
    4. 工事の開始
    5. オープン
  2. まとめ

コインランドリー経営を始める際の流れ

コインランドリー経営には建物が必要です。コインランドリー開業までには、現地調査、事業計画、契約、工事着工、オープンという流れで話が進んでいきます。

それぞれの内容と注意点についてみていきましょう。

現地調査

まずは現地調査から始まります。現地調査では、土地の形状をはじめ、立地条件、周辺環境の確認、周辺住民について調べます。

ここにコインランドリーを建てることでどれだけの集客が見込めるのか、というマーケティングも必要です。コインランドリーは立地が良ければ大きくな収益を見込めます。

フランチャイズ式のコインランドリーであれば、現地調査も市場調査も本部が無料で行ってくれるでしょう。

ポイント

フランチャイズではなく個人で開業する時には、現地調査やマーケティングは自分で行わなければいけません。自分でできない場合には、専門の業者に依頼しましょう。

事業計画を立てる

次に事業計画を立てましょう。建物の建設費、設備の導入費用などで資金を借り入れる際には、金融機関に提出する事業計画書が必要になります。

資金を借りるためには、各種見積書や現地調査で得た情報も必要になります。建設費用や設備費用のわかる書類も用意しておきましょう。

事業計画書は自分で作成しなければいけませんが、フランチャイズの場合には事業計画書の作成も本部がサポートしてくれるでしょう。経営規模についてよく話し合い、自分の持つ土地にぴったりなプランを立てていきます。

ポイント

事業計画は自分のために作るものではありません。あくまでも、資金調達のために自分の事業を金融機関に理解してもらうために必要なものです。

だからといって凝りすぎる必要はありません。シンプルでわかりやすい事業計画書を作成しましょう。

契約を結ぶ

事業計画がうまくいけば、いよいよ本部との契約です。フランチャイズ契約を結ぶ会社によって細かな違いはありますが、一番納得のいく契約方法を選びましょう。

設備はリースか購入か、店舗の建設まで契約に含むのかなどもここで決めます。契約を結んでから後悔しないよう、わからないことや不安なことはすべて解消してから契約を締結しましょう。

ポイント

不安や不満が少しでも残っていれば、契約はやめておいたほうがいいでしょう。フランチャイズ契約についてよく理解し、きちんと納得した上で契約する必要があります。

個人経営の場合、このステップはありません。

工事の開始

無事に契約するといよいよ工事開始です。施工会社はフランチャイズ本部から紹介されることもありますが、必ずしもそこでなければいけないということはありません。

工事着工から2ヵ月ほどで建物は完成します。工事が始まるとオープンまでにはほとんど時間がありませんので、この間に本部での研修や研修店舗で行われる実習を受けておきましょう。

ポイント

コインランドリー店舗は単純な作りのため、着工から完成までとてもスピーディです。この間に広告を作り、積極的に宣伝していきましょう。

ネット広告、SNSでの告知であれば広告費もさほどかかりません。しっかり宣伝したいときには、ポスティングなどを活用してみてもいいでしょう。

オープン

着工から2~3ヵ月たつと、いよいよコインランドリーのオープンです。コインランドリー経営初心者にフランチャイズがおすすめなのは、オープン後のアフタフォローがしっかりしているというのも1つの理由です。

自分だけで知識もなくコインランドリー店をオープンしても、開店早々に経営が行き詰った、トラブル対応がわからず客離れが起きてしまった、ということになりかねません。

ポイント

開業後はこまめなメンテナンスが必要です。毎日の清掃に加え、リラックスできる環境づくりをしましょう。近頃では、カフェを併設したコインランドリーも増えてきており、「普通のコインランドリーにプラスアルファ」することで大きな集客が見込める可能性もあります。

まとめ

コインランドリーは個人経営も可能ですが、土地活用初心者には現地調査からオープン後まで適切なフォローをしてくれるフランチャイズ経営がおすすめです。

経営経験のない素人には難しいマーケティングや経営計画も、本部のサポートがあれば難なくできるでしょう。

コインランドリー経営は、立地が良ければ土地の形状や面積に関係なく成功できる可能性があります。手間なく高利回りを実現できる土地活用法をお探しなら、コインランドリー経営を始めてみてはいかがでしょうか。

ページトップ